(移住先を探す信州旅)青木村 コンパラと義民は心の強さだ

別所温泉に後ろ髪を惹かれつつ、長野自動車道 麻績インターから松本へ帰ろうと試みる我々一行。途中、移住雑誌に必ず出る「青木村」に立ち寄った。実はあまり興味はなかったんだけど、あまりにもパワフルだったので記事に起こすことにいたしました(^-^)

 

道の駅あおき コンパラソフトクリームは「絶品の絶は気絶の絶」

道の駅あおき 義民マスコットはこころの支えか

 

上田で食事を済ませた後、時間も無くなったからと松本に戻るルートを検索。上田から高速道路を使うと遠回りになるということで、青木村から山間部を越えて麻績(おみ)から高速道路に乗るルートを選ぶ。せっかくのドライブ・トラベル。高速道路で駆け抜けるより、雄大な景色を吟味しながら巡りたい。

 

青木村では道の駅に一時駐車。ソフトクリームを食べてみる。旅といえばソフトクリーム。青木村、わかってる♪

 

店員さん  オススメは「コンパラソフトクリーム」ですよ!

まこまち  聞いたことがない!それにします!

嫁ちゃん  ムラサキは危険、私は普通のソフトクリームにするよ。

息子    白いほうが美味しいよね(^^)

 

みんな、まったくわかっていない。見たことがないのなら食べてみるのがチャレンジャー。危険を顧みずに試してみるのがチャレンジャー!店員さんいわく「とっても身体にいい、青木村の特産物です♪」と言うのである。気温は一桁だけれども、これを食べずにどこへ帰れと言うのだろうか。

 

嫁ちゃん  あら、普通に美味しいよ♪白いの。

まこまち  いただきます!む!むぅぅ!?

 

甘酸っぱいベリーのような味は美味しい。けれども、奥の方になんだかクセが混じっている。よく言えば「コク」。悪く言えば「イモ」。ベリーに紫芋をまぜて脂肪分タプーリの牛乳を混ぜたような味

 

まこまち  これは・・・アンダスターン℃!?

 

そのままスターンと踏ん反り返ってしまいそうな、健康を約束された薬を飲んでいるようなコンパラソフトクリームの味。よくぞこいつを商品化したものだ・・・

 

道の駅あおきのコンパラソフト

 

もしかすると青木村こそ、長野県でのやる気だったら一番の村かもしれない。「道の駅あおき」にはマスコットキャラクターが飾ってるが、そのたくましい背中には「義民」という2文字が背負わされている。

 

百姓一揆。小学校の社会科で学んだであろう、政治に対する不満を解消するために立ち上がることを言うのだが、その百姓一揆の発起人を5人も輩出しているというから驚きだ。これにちなんで、青木村では発起人を「義民(正義・人道のために一身をすててつくす民)」として祀ったというのである。

(参考:青木村義民資料館

 

青木村の人であれば、「身体にいいコンパラだから、皆必ず食べるべきだ。」という勢いで作ったに違いない。危険を顧みずに気絶するほどのソフトクリームを作ってしまうその根性、素晴らしいではありませんか。

 

まあ、私なら「日本一健康的で日本一まずいソフトクリーム」とか看板たてて売っちゃうかもね。(実際にはそこまでひどくはありませんし、しっかりと食べきりました。失礼いたしました!)

 

雪景色のその先へ

とても健康的になった私達一行は、松本にむけて走り出す。気づけば、なんだか対向車が少なくなってきた気がする。道路の左右の積雪も、だんだんと道を狭めていっている。これはいよいよ、やばいのかも?

 

スタッドレスタイヤに履き替えているとは言え、アイスバーンや雪道の経験なんてスライム10匹分くらいしかないわけで、私としては引き返すべきかどうか悩むところ。しかし悩んでいてもクルマは進む。時間もすすむ。村境に到達して、筑北村に入った瞬間、私は息を呑んだのだった!

 

長野県筑北村山間部の雪模様

 

おおーーー!雪だーー!(子供っぽ・・・)

 

実は、長野ドライブの絶景はココからが本番だった!そのお話はまた次回(^^)