(移住先を探す信州旅)松本市 都市との距離と呑みがポイント

数回に渡って、長野県での移住先探し旅行の様子をお伝えします。

 

2022年幕開けの三連休は、長野県へ移住地探し。気にいる土地を探す為に、どんぶらこって中央道で松本入り。子供は学校、嫁ちゃんも仕事。私は愛車を繰り出して、送り迎えでサポートからの高速道路のドライブである。身体は少々堪えるけれど、松本までの3時間のドライブは楽しく快適。問題ないぞ。

 

松本市浅間温泉「ホットプラザ浅間」 安いのは良いが泉質は微妙なり

長野県で人口二位の松本市。東京からも関西からもアクセスが良いのが嬉しい土地だ。遠くに見える北アルプス!美ヶ原に浅間温泉!市街地だから酒場もある!

 

特急一本で来れるというのも強みである。当然、便利な分だけ土地代は高いし狭くなるけど、人口の多さには変えられない。商売はしやすくなるし、新しい人脈も作りやすいし、取り替えやすい。土地の価値の暴落も無いから、資産としても良い選択になるだろう。

 

とりあえず、ドライブの疲れを浅間温泉で癒してみた。歴史ある温泉地、昔は路面電車も走ってたとか。辿り着いたのは「ホットプラザ浅間」という日帰り温泉だ。

 

ホットプラザ浅間にドライブでGo

 

うーん、21時30分まで入浴受付は嬉しいけれど、肝心のお湯の質は微妙なところ。たしかにポカポカ温まるけど、塩素臭くて小学校のプールみたいだ。その泉質を反映してか、大人一人650円とリーズナブル。

 

嫁ちゃん  身体がヒリヒリするから早くあがっちゃった

 

敏感肌には辛い様子。

 

地元の有力企業の経営 アルピコプラザホテルで安心旅

松本つなぐ横丁とアルピコプラザホテル

 

宿は松本駅前のシティホテル「アルピコプラザホテル」。大人4人二泊三日で48000円朝飯付きだ。これで4人分のベッドがつくし、部屋はなかなか広くてキレイ。スキーシーズンにスキーのできない松本は、なかなか穴場なのかもしれないね。

 

そして、良いポイントがもう一つ。一階には「松本おかげ横丁」というアミューズメント的集合呑み屋街があるのである。ホテル直結でなかなか旨いものを堪能できる。コース料理だけが旅行の醍醐味ではないのである!

 

おっと、旅行じゃない!移住先探しだった!

 

などと真面目ぶるのも程々に、1日目の夜は「松本おかげ横丁」にある博多料理屋にお邪魔した。鉄板餃子は誤っておかわりしちゃう旨さだった。博多という名前からは想像できない、スープが澄んでる豚ラーメンもとても美味しい。チャキチャキのお姉さんがガシガシラーメン作ってるのも、見ていてなかなか楽しげだ。

 

博多鉄八の鉄板餃子

 

「せんべろ」という呑みメニューもありがたい。お酒3杯とお通しついて1000円はこれまたリーズナブルだ。私は中ジョッキ2杯とハイボール、嫁ちゃんは中ジョッキ2杯に烏龍茶。貝出汁風味の湯豆腐のお通しはメニューに載らない絶品だった!

 

お陰様で、ビールはすすむ、ツマミもすすむ、話しもジャンジャン盛り上がる。嫁ちゃんと二人で呑む酒は、いつまで経っても楽しいな。

 

    私はホテルで待ってるからね。

 

翌朝、高校生になる娘は、テスト勉強をしたいからとホテルに留まることになった。知らない土地に娘を残すのは寂しい心配だけど、セキュリティの高いホテルだから安心。静かなところで集中して勉強できるのも、良い経験になるだろう。

 

私と嫁ちゃん、息子とともに、次に目指すは佐久平方面だ。しっかり土地の雰囲気を見て回ろうではありませんか!