(ディーゼルに萌ゆる)寒冷地は計画的に

今日は旅先でブログ更新。私はカフェを作るにあたり、全国から人の集まりやすいところを探している。オフ会の会場になれば良いし、3時間程度のちょうど良いドライブルートの途中になれば、さらに良い。

 

そんなわけで、年末が近いにもかかわらず、お泊まりで土地探し。一度買ったらもう、戻れない。入念に調べないとね。

 

今日のお泊まりは長野県某所の「旅籠屋」だ。家族4人で泊まっても13,200円。大きなベッドが2つあるから、4人なら結構広々寝れるのだ。まこまち家の家計を助ける、お財布に優しい素晴らしい宿である。

 

街中で晩御飯を済まし、旅籠屋では今日見た土地の検討をする。人通りが少ないとか、入りやすくオープンな店にしようとか、この街には活気が無いとか。私の職種は流通業に属するから、新規オープンのお店はたくさん見てきたし、潰れたお店もよく知っている。流行るか流行らないかは、多少はわかるつもりである。

 

そう言いつつ、旅はやはり楽しいので、地酒をグイッと胃袋に流し込む。寒い地域の熱い酒は、ドライブの疲れを癒してくれる、のではあるのだが。

 

スシロー イカ墨にぎり

 

ここまでは、よかった。ここからが、焦ったのだ。

 

手元のApple Watchに目をやると、外気温はマイナス6度となっていた。ハハハ、道理で寒いわけだ、路面の凍結も納得の寒さなんだな、やっぱり暖炉は欲しいよなあ、なんてケタケタ笑って喋っていた。

 

娘ちゃん  え、マイナス6度なの?さむー

まこまち  スタッドレス履いているから、路面が凍っても大丈夫なんだよ。

娘ちゃん  ふうん。車にジュース置きっぱなしにしたらどうなるんだろう?

まこまち  氷点下なんだから、凍るんじゃない?

娘ちゃん  アイスキャンディーの出来上がりだね!

 

いっぱしの女子高生の黄色いお喋りに、あれれと、嫌な感覚が脳裏に走る。アイスキャンディー、だと?

 

軽油って、何度で凍結するんだっけな。確か、寒冷地で給油して混ぜると良いとか、そんな記事を読んだ気がする。えーと、えーと。

 

■12月の軽油使用ガイドライン

地方 軽油の種類 流動点
関東 2号 マイナス7.5度以下
中部山岳 3号 マイナス20度以下

 

ズモモモモ、これはやべぇー・・・

 

まこまち  ママちゃん・・・ :(;゙゚’ω゚’):

嫁ちゃん  えっどうしたのその顔。

まこまち  ガソリンスタンド行かない?

嫁ちゃん  なんで?

まこまち  軽油、マイナス7.5度で凍るって。

嫁ちゃん  今何度なの?

まこまち  マイナス6度。

嫁ちゃん  まずいじゃん(ㆀ˘・з・˘)

 

怪訝な顔を見せる家内に、ガススタ行きを説得する。V50のサイドを擦られた苦い記憶が蘇るが、広いこちらの道であれば大丈夫に違いない。なんなら、危なくなった瞬間にステアリングを横から触っても構わない。明日の朝に動かないという致命傷、これが怖くてたまらないのだ。

 

外気温はマイナス7度
その時すでに外気温はマイナス7度をマーク。不慣れな i-Cockpit かもしれないけれど、嫁ちゃんがんばって!

 

まこまち  最低気温は市街地でマイナス7度だってぇ(汗)

嫁ちゃん  お酒飲んじゃってるじゃん?

まこまち  ママは飲んでないでしょ?

嫁ちゃん  私が運転するの!?

まこまち  ちゃんと操作を教えるから(;ω;)

 

そう、家内は我が愛車 Peugeot308SW 1.5D を運転したことがなかったのだ。このクルマは私がとても気に入ってるからと、ステアリングを握ろうとはしなかった。渋々うなずいた嫁ちゃんは、私のガイドで308を運転し、ガソリンスタンドに到着した。

 

軽油を入れる。都心より10円高いが、構わず入れる。寒冷地では凍結温度が低い軽油が給油できる。都心で給油した軽油と混ぜれば、少なくともマイナス7.5度では凍らなくなる。

 

結果、16リットルも入ってくれた。

 

今まで、給油量が多かったことで喜んだ事はなかっただろう。まるで、つまっていた◯◯◯がたっぷりと出たような、スッキリした笑みがこぼれたことを自覚する。どうして酒を飲む前に気づかなかったんだ、という反省は忘れている。結果オーライとはこのことだ。

 

まあ、こんなお茶目なところもあるのもディーゼルの良いところ・・・いや、ディーゼルは計画的に、かな?以上、現場のまこまちからのレポートでした。さむぅ。