住宅ローンと今年の断捨離は今年のうちに

  • 2021年12月27日
  • 日常
  • 154view
  • 0件

昨日は大掃除をした。単なる大掃除ではなく、断捨離大掃除だ。無論、本当に断捨離ができるかと言えばそうではないけど、不要なものを捨てることには意味がある。

 

フラット35の予算審査が通ったのだが、どうしても家の建築当初は東京での仕事を続ける必要だから、二拠点生活になる旨を銀行に伝えていた。そうしたら、審査として家賃を入れなくてはならなくなったのだ。他のローンの残債がどれくらいあるのかという基準は聞いた事があったのだけど、そうか、家賃というのは大きい出費である。当然と言えば当然。皆さんもフラット35セカンドハウスローンを使うときは、注意すべし。

 

ちなみに、家賃を45000円下げると、ローン枠は1500万円広がった。1500万円を35年で分割すると、一月あたり35000円の支払いだ。おお、金利って大きいなあ・・・

 

さて、断捨離の話になるが、つまりは家賃の安いところに引っ越しをしなければならなくなった。安いということは不便だとか狭いとか古いとか、家が粗末になる事を指す。全てを少しづつ受け入れるのだが、家の広さだけは物理的なものだから、ある程度捨てなくてはならない。今ほど蔵が欲しいと思ったことはない。しかし、意を決して断捨離に挑んだ。

 

するとどうだろう、私の蔵(押入れ)から沢山の宝(ゴミ)が出てくるではないか!

 

PC-Engine DUO ヤフオクで2万円

PC-9801-86音源 ヤフオクで1万円

 

まこまち 俺の宝が・・・

嫁ちゃん いつか使うの?

まこまち いやあ ほぼ ゼロだけど

嫁ちゃん なら必要だっていう人が使う方が良いんじゃない?

 

などと諭されて金目のものとゴミとを分別する。聞けば、家内は自分の持ち物を一つも持っていないらしい。想い出は大事にしたいところだし、いつか蔵が手に入れば、全てをとってあげるのだが。

 

と考えたところで、以前家探しで古民家を見た時のことを思い出した。蔵には見事に誰にも使われず生涯を終えた、古びた道具が散乱していた。なるほど、自分だけの為に想い出だからと抱え続けるのも、良くない気がする。

 

結果、iPhoneの歴代の箱だとかPCのパーツだとか、金目のものは避けておいて、断捨離をどんどんこなした。なんと、45Lのゴミ袋が7つ生まれることになった。

 

これで、引っ越しの時の Peugeot308SW の活躍を一往復減らす事ができたかな。こうなったら、家の中の要らないものは全て処分して、ホテルみたいにしてやるんだ!(笑)